学生でもお金を借りられるカードローンの条件

楽しそうな大学生グループ

急に友達と旅行の予定が入った!
コンパに誘われたけどお金がない!
来月の給料日までバイト代が持たない!

 

学生さんにも色々と付き合いもあるので、バイト代だけではお金が足りなくなることだってありますよね。しかし、親にもお金貸して!とは頼みにくいし、友達からは借りられない。

 

そんな時には、カードローンを利用してお金を借りるのが後腐れも一切ないので精神的にも楽です。

 

ただし、一般の会社員と比べて学生では利用できるカードローンの選択肢が減るのも事実ですが、学生さんでも一定の条件を満たせば使えるカードローンもあります。

 

まずは、以下の3つのルールを押さえておきましょう。

 
カードローンの利用条件

「満20歳以上で安定した収入(バイトもOK)があること」がカードローンを利用する上での絶対ルールです。

 

毎月バイト代で5万円しかないけど…という学生さんでも大丈夫。安定して毎月バイト代を稼いでいるなら、その金額に見合ったお金を借りることができます。

 

銀行系カードローンは学生には厳しい

審査の厳しい銀行系を利用するのは学生ではほぼ不可能です。(会社員として働いているなら大丈夫ですが)

 

あなたの信用情報に「○○銀行カードローンの審査落ち」という記録が残ってしまいます。すると、次のカードローン会社に申込をした際にその記録が足を引っ張る可能性もあるので、ハードルが高い銀行系に申込むのは止めましょう。

 

借りる金額は10万円前後が目安

どこのカードローンでも新規のお客さんの場合は返済能力を見極める為にも、借りられる限度額を低めに設定していることが多いです。

 

それが会社員でなくバイト代が主たる収入源の学生であれば尚更です。

 

また、総量規制(年収の1/3以上の借り入れを規制する法律)との兼ね合いもあるので、学生の場合はなるべく融資希望額は低めにしておきましょう。

 

具体的には、年収の1/3以下は絶対条件で上限10万円程度がスムーズに借りられるラインだと覚えておいてください。

 

大丈夫ですか?
上記の3つのルールは最低限知っておきべきことです。

 

これを知らずに適当にカードローン会社を選んで申し込んでも審査に落とされてしまうだけです。

 

それでは、3つのルールを抑えた上で、学生でも利用しやすいカードローンのランキング発表です。

 

学生におすすめカードローンランキング

三菱UFJフィナンシャル・グループ「アコム」

アコム

アコムの特徴

アコムでは「30日間無利息キャンペーン」を実施中!14時までにネット契約完了で即日振込みOKです。
14時以降になっても、ネットで申し込みをしてむじんくん(自動契約機)へ行けば22時まで対応可能。さらに楽天銀行なら24時間いつでも振込可能です。

貸付条件 満20歳以上で安定した収入がある人
スピード感 審査:最短30分、融資:最短1時間
無利息期間 初めての方は最大30日間金利0円
実質年率 3.0%〜18.0%
アイフル

アイフル

アイフルの特徴

アイフルは東証一部上場の信頼度があり、「HPで1秒診断(事前診断)」というスピード感に定評あり!14時10分までにネット契約完了で即日振込みOKです。
14時以降になっても、ネットで申し込みをして自動契約機へ行けば21時まで対応可能。
銀行傘下ではなく専業消費者金融なので、独自の審査基準は大きな魅力。

貸付条件 満20歳以上で安定した収入がある人
スピード感 審査:最短30分、融資:最短1時間
無利息期間 初めての方は最大30日間金利0円
実質年率 4.5%〜18.0%
SMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」

プロミス

プロミスの特徴

プロミスでは「30日間無利息サービス」を実施中!14時までにネット契約完了で即日振込みOKです。
14時以降になっても、ネットで申し込みをして自動契約機へ行けば22時(一部21時)まで対応可能。

さらに三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っているなら、24時間最短10秒振込サービスの「瞬フリ」が利用できるのも大きなポイント。

貸付条件 満20歳以上で安定した収入がある人
スピード感 審査:最短30分、融資:最短1時間
無利息期間 初めての方は最大30日間金利0円
実質年率 4.5%〜17.8%

※無利息サービスはメアドとWeb明細利用の登録が必要です。

 

学生におすすめカードローン機能付きのクレジットカード

カードローン以外にも、「カードローン機能」がついて最短当日中に発行できるクレジットカードという選択肢もあります。

 

ただし大半のクレジットカードは、審査に1週間〜10日ほどかかるので、最短即日発行が可能ですぐに使える!のは以下のカードだけです。

 

アコムACマスターカード

アコムacマスターカード

アコムACマスターカードの特徴

最短30分審査で早ければ当日中にクレジットカードが受け取れるのが最大の特徴。(通常のクレジットカードは早くても1週間前後掛かります)
国際ブランドのMasterCardのクレジット機能が付いており、年会費も安心の無料。ネット上でカード発行可能か3秒診断が受けられます。

発行条件 満20歳以上で安定した収入がある人
スピード感 審査:最短30分、カード発行:最短即日
ブランド Maser Card

カードローンを利用する上で知っておきたいこと

1度の審査落ちでも信用情報に傷がつく!?

NGサインを送る女性

カードローンの審査では、信用情報機関(CICやJICC)が管理している「個人の信用情報」をベースに、各カードローン会社の独自基準を加味して返済能力を判断されます。

 

この信用情報には、他社のローン状況やクレジットカードの利用履歴、公共料金などの支払い状況などが記録されています。

 

カードローンへ申込をすると、「申込」「審査結果」がそれぞれ記録として残ります。(申込の記録は約6ヶ月間)

 

つまり、A社の審査に落とされたので次はB社!というように、次から次へと申込をしていると、それだけ信用情報が汚れていきます。その汚れた情報を見れば、返済能力を疑われて審査に落とされ続けるのは当たり前ですよね。

 

ただし、1社の審査に落ちたからもう借りられない…という極端なことはありません。平均して3社以上の申込を行うと、申込ブラックとしてマークされることが多いようです。

 

それでも最初の申込をしたところで借りるのが手間も時間もかかりませんし、信用情報にも不用意な傷を付けなくてすむので、審査に通る確率の高いところに最初から申込むのが鉄則です。

 

自宅への郵送物を理解しておく

カードローンに申込むと、自宅に「ローンカード」が必ず届きます。これはどの会社でも同じです。

 

1人暮らしの学生さんなら問題ありませんが、実家住まいの方には注意が必要です。もちろん差出人名などは配慮されていますが、それでもなるべく親にバレそうな要因は排除しておきたいところ。

 

そのため、ローンカードは「郵便局留めをお願いしておく」か「カードローン会社のATM」まで取りに行くのが最善の策です。

 

ただし最近になってプロミスが「カードレス」で利用できるサービスを始めています。実家暮らしの学生さんの場合、こうしたカードレスの方が安全かもしれませんね。

 

返済についての知識をつける

ほとんどの大手キャッシング会社では、銀行口座からの引き落としかATMでの返済する方法が選べます。

 

方法は何にせよ毎月定められた返済日に決められた最低返済額を支払わなければいけません。

 

けれども余分な利息を払わないで済むように、繰り上げ返済ができるので可能な限り利用しましょう。(大半の業者で可能です)

 

たとえ少額ずつでも元金を減らせば全体的には利息を減らすことができますからね。

 

■繰り上げ返済の注意点
原則としてATMからの入金のみなことがほとんどです。
その際の「振込み手数料」はどうなるのか忘れず確かめましょう。これは各キャッシング会社によって事情が違ってきますので、公式サイトなどでチェックしておいてください。

 

返済に遅れたらどうなる…?

少しでも返済が遅れれば、ただちに怖ろしい取り立て屋が家や会社まであらわれるのではないかと気がかりな人もいるかもしれませんが、法律に則ってキャッシング業務をおこなっている業者の場合、そのようなことはありません。

 

一般的な手順としては、まずはお金を借りた会社のコールセンターから電話があるはずです。

 

今月の入金が確認できなかったためご連絡しました。などというような、穏やかに掛かってきますので必要以上に怖がることはありません。とは言え、この電話での返済確認はつながるまで何度でもきます。

 

何回かけてもずっと電話がつながらない場合、職場に電話があったり家へ催促状が送られてきたりします。

 

こうなる前の段階で、定められた金額の入金が無理であればなるべくこちらから返済スケジュールの相談をしてみましょう。

 

業者側も貸し倒れになられると困るので、きちんと返済する意志を見せれば話を聞いてくれる場合もあります。

 

うっかり何日か遅れた程度ならあまり大変な問題にはなりませんが、遅延損害金というものがあることは知っておきましょう。

 

多くのキャッシングでは、年率20.0%で計算された額が遅延した分を日割り計算され加算されます。

 

■ブラックリストに載るの?
一般には返済日を2〜3ヶ月過ぎても払わなかった場合、事故情報が信用情報機関に残ってしまいます。その事故情報がいわゆるブラックリストです。

 

ブラックリストに掲載されてしまうと、クレジットカード発行の際にも審査で信用情報機関のデータを確認するため、当然ですが断られてしまいます。

 

このような事故情報はいつまで記録されるかというと、各信用情報機関によるところはありますが返済の遅延なら5年程度です。